歯を白くする審美歯科治療の種類

人と話しをする時や大きな口を開けて笑う時など、無意識に口元に手を当てているという人も多いと思います。

私も気づかないうちに手で口元を隠すことが多いです。

自分の歯並びや着色汚れが気になると、自分に自信がなくなり人と会うのも嫌になってしまいます。

私たちが普通に生活をしていく中で口にする、食べ物や飲み物で必ず歯は汚れていきます。

その中で代表的なのがコーヒーや紅茶・赤ワインにタバコなどの嗜好品です。

毎日きちんと歯磨きをしていても、必ず黄ばんできてしまうので嫌になりますよね。

歯が生えてきたばかりの赤ちゃんは真っ白なのでうらやましいです。

毎日の歯磨きのときにホワイトニング剤が入った歯磨き粉を選ぶと着色汚れの予防にはなります。

でもどうしても着色汚れが気になるのであれば、審美歯科医院でホワイトニングをしてもらうのが1番ですね。

審美歯科治療を行うことによって、健康で美しい口元を手に入れることができます。

口元を気にすることなく美しい笑顔をすることができると、自信が付いて人と会うのが楽しくなりますよ。

真っ白な歯を手に入れたいと思っている人はたくさんいると思います。

笑ったときに白い歯が輝いていると、笑顔だけでなくいろいろなことに自信が付きそうです。

審美歯科医院で白い歯を手に入れる方法として真っ先に思いつくのはホワイトニングですよね。

よく耳にする言葉なので知っている人も多いと思いますが、実は歯を白くする方法にはいくつか種類があります。

歯を白くする審美歯科治療の種類は、歯の表面についた汚れを落とす「クリーニング」

歯の表面に白いレジンを塗る「ホワイトコート」

薬剤で歯を漂白する「ホワイトニング」

歯の表面にハイブリッドセラミックスという樹脂を塗って固める「ダイレクトレジンボンディング」

前歯の表面を0.5㎜程削りセラミックを張り付ける「ラミネートべニア」

歯の表面全体を削りセラミックの歯をかぶせる「セラミッククラウン」の6種類。

クリーニングは自分の歯本来の白さに戻すだけですが、セラミッククラウンに行くにつれより白くなり形もよくなります。

しかし自分の歯に与えるダメージや金額も大きくなりますので、自分の歯の状態などを医師と相談して1番いい審美歯科治療を行いたいですね。